bluerose’s diary

精神疾患のこと、その他持病についても少し

“2018年3月初めの夢”

電子書籍を作成できるサイトがあって、今日そのサイトの閉鎖を知らせるメールが届いた。数年前に登録して、自分の書いたものを少しまとめていたりした電子書籍が何冊かあって、それのダウンロードをしながら書いたものを読んでいた。

 

一番最後に書いた電子書籍の記事が去年の3月。そのあとは書いていない。

この記事は書いたけど非公開のままになっていたので、改めて転記しておこうと思う。

 

 

2014年から社会復帰しようと、アルバイトに出たり、勉強して資格を取ったり、習い事したりして頑張ってきたけど、とうとう電池切れにて、2017年後半には、心身共にボロボロな状態になってしまった。

 

そして、2018年になって、この状態ではいけないと、社会復帰に向けての活動を停止し、心身の癒しを優先させ始めて、2か月。

今朝の夢はこんな夢だった。

 

妹が絞られてしわしわのコートを着ており、私がそれを言うと、妹は怒り出す。

どこかの建物、人が何人かいて、私は窓の外にパノラマ状に見える海を眺めている。

海は不思議な丸い水の球が浮上しているのか落ちているのか、そんな感じで一面に見え、またその水の球にはろうそくのような小さな炎が燃えている。

 

 

見た感じはあまり不吉でもなく、なんだか随分不思議な光景に見えた。

夢占いのサイトでいくつかキーワードを調べてみて、自分なりの解釈は以下の通り。

 

 

海を眺める夢は、自分自身を見直すとき。ぶれやすさや、他人の言葉に左右されやすいなど、自分軸がしっかりしていなくて、気分のむらから周囲に迷惑をかけたりしていなかったか?

一方で、炎の夢は、浄化の夢であり、これまでの停滞や運の悪さを焼き払ってくれる。

 

 

前日に、経済的なことや世間体のために義理を立ててることで、心が苦しんでいることがあるとしたらそれをやめるとなにが起こるだろうか?という問いを手帳に書き記した。

関連性があると感じるのはこの手帳の言葉のような気がする。

 

この記事の中で自分の夢の解釈を試みているが、自分の至らなかったことは言及されているものの、「絞られてしわしわになったコート」のところを見事に飛ばしていて、今読んでちょっとため息が出てしまった。

解釈を考えるまでもなく、自分自身を厳しく追い込んだということがこのコートのありように現れている。けれどもそれを着ている妹(たぶん影の世間体を気にしている私に似ている)はそれを認めたくなくて怒っているようだ。

 

あの頃はいろいろ大変だったなあ…