bluerose’s diary

精神疾患のこと、その他持病についても少し

『3.11』直後のメルマガバックナンバーを読む

とあるメルマガは10年以上続いていて、バックナンバーを配信してくれるサービスもあるので、それを毎日読んでいるんだけど、今朝は2011年3月23日配信のバックナンバーだった。

 

ヒーリング関係のメルマガだから、当然あの災害について、緊急の情報が書き込まれている。もう少しで7年が経つんだなあ、と感慨深く読んでいたのだが。

そのメルマガの中に東電の事故で事故処理のための作業員のことについてfacebookに投稿された記事をシェアしている部分があって、志願者が「自分はもう子育ても終わったから」などとコメントしていたことなどを改めて目にする機会となる。

 

当時は自分もよくわからないままに、このコメントになにか違和感を感じていたのだが、今読み返してみてその違和感がわかった。

 

戦争における出征者に酷似しているのである。

どこが似ているかというと、「自分を犠牲にする」というところで、こう書くと「きれいごとだ」などという思いも浮かばないわけではないが、もう少し説明すると、「責任とは一体なんであろう」という違和感。

 

東電の事故の場合、直接ではないにしろ、少なからぬ年月を会社と共に過ごした高年齢社員がある程度の責任感からこの申し出をしたことは少し理解できる。それにしたところで非人間的な作業を強いられてしまう理不尽さそのものは変わることがない。

 

ところが、戦争の場合はどうだろう?

共同体の一員としての責任としての出兵という建前で、概ねその役割は若いものに振り当てられる。だとしたら戦争を引き起こした側の(大抵はその共同体の高齢者指導者)責任はどうなるんだろうか?とふと考えてしまうのである。

 

なんか社会の根底となる共同体の運営と、営利目的の商売を一緒に考えてもうかればそれでいいとか、なんとなく、そういう考え方が最近透けて見えてきて、どうにもやるせない。繁栄とか豊かさとかいったいなんだろう。そんなことをふと思った。

(別に困窮がいいとかそういうことではなくて)