bluerose’s diary

15年間の向精神薬服用生活から断薬しました。

なにが幻聴を変化させているのか

自分は幻聴もちなんだけど、最近あることに気がついた。

 

例えば、なにか選ぼうとして画面をずっと見ていると、最初はなんでもなかった幻聴がだんだん不穏な言葉に変わっていく。

私の感覚としては、別にイライラしているわけでもないし、まだ決まってないからずっと画面を見ているんだけど、いつの間にか不快な幻聴に変わっていることに気がつくと、我ながらどうして自分は乖離しているのだろう、と愕然とする。

 

これは何かを選ぼうとするだけでなくて、ただ、ネットをやっているときにも起こることがある。自分としてはそれほど変なところを見ているつもりはないのだけど。

 

それで、なんとなく、自分の意識が捕捉していないだけで、自分自身の飽きっぽさや疲れやすさが出てきてこういう不快な幻聴にかわっていくのかなあ、と考えた。

 

そんな折、ある考えがあって、それを文章にしようと入力をはじめ少しまとまらなくなったときに、しばしどうまとめたらよいかなあ、と考え出したのだが、結局試行錯誤して入力しているうちに、その文章はとりたてて発表しなくてもいいなあ、と感じ始めたので、文章書くのを止めた。

 

それで、ふと気がついたのだけど、その文章考えているときも結構時間がかかっていたのに、幻聴が不快に変わることがなかったのよね。何かを選ぶことだって頭を使うのだけど、この違いはなんだろうと思う。

 

で、今そのことについて考えてみようと、文章を打って、結論らしきものの文章を考え出したら、また幻聴が不快に変わっていったから、どうも自分は迷いが出てくると幻聴に影響がでるのではないかと推測している。

 

あくまでも推測だから、まだわからない部分はたくさんあるけど。

f:id:offkey:20170620201722j:plain