bluerose’s diary

精神疾患のこと、その他持病についても少し

四半世紀前の感情の清算

精神科にかかるきっかけとなった関係の人がいて、ずっと引きずっている。その人への感情の清算について、オーラソーマのミニリーディングをしてみた。

http://aura-soma.co.jp/reading-B111-B068-B073-B072.html

リーディングでは4本のボトルを選ぶ。2本目はチャレンジすること、ギフトなど活かされていない部分で必要なことを読む。

 

2本目は68番ガブリエルというボトル。

このボトルの気づきへのヒントを読んで大泣きした。まさに、私が当時感じていた、憂鬱で落ち込んで、私はこの人と一緒にいるのが悪いような気がして、という感じだったからだ。
当時、彼はきっとこのようなコメントのことをずっと考えていたのかもしれない、と思ったら、またやるせなくなるくらい、やさしい人だった。

 

私は、この感情を清算したら先に進めるのではないかと思っていたのだが、違うのかもしれない。悲しんで苦しんで、どうにもならなくなってしまった自分をそのまま認めること、それでも良いと認めること。できなくても、できても、それは過去の実際にあった出来事で、それを消すことはできない。できるとしたらそれは過去の自分を一緒に消すことになるのかもしれない。

 

も、日常生活が超スローモー。まるで重たい荷物を持つように。きっと頭の中にたくさんの重たいものがあって、考えることを困難にしている。ハートはきっとそれに心を痛めていると。だからもういいよと、そのままで傷ついて他の人も傷つけたかもしれないけれども、それももう終わる。完璧にいかない対人関係、そんなことは当たり前にあることで、自分だけが悪いわけでもないし、私だけが犠牲になっているわけでもない。
ハートはいつも許したがっているのに、マインドはそれを受け付けないでいる。他の人に迷惑をかけていて、その償いができない愚か者だと思い込んでいるのだ。

 

f:id:offkey:20170426201035j:plain