bluerose’s diary

15年間の向精神薬服用生活から断薬しました。

ワタシの頭の中の辞書

いい人ぶりたいので、自分が否定的な感情を感じてしまうと、反射的に「醜い」と自分の感情を拒絶する癖がある。

そんなときに、統合失調症を引き起こすワタシの頭の中の辞書ではこんな風に変換される。

 

醜い→みにくい→ミニクイン→ミニクイーン→mini Qween→小さな女王様

 

そう変換されると

「女王様がご機嫌斜めのようだから仕方ないなあ」

と、苦笑できるレベルまで回復できる。

 

言葉というものは意外と侮れないもので、まるで呪いにかかったような統合失調症の「言葉のサラダ状態」も、使い方に熟練していくと平常時にはこんな形でコトを治めてくれる。

結局、いい資質とか悪癖とかいうが、それは視点の違いなのだな、と思う。

 

あと、別バージョンでは

醜い(ここで慌ててワタシは節をつけて歌いだす)→みにくいみにくいアヒルの子→白鳥に成長するんだな、これ。→生暖かく見守ることにしよう

こちらは、若干余裕があるとき。自我の働きが介入してくるので、小さな女王様よりは持ち上げ度が低いです。

 

 

 

f:id:offkey:20170401085149j:plain

画像は四月馬鹿にちなんだイメージです。