読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluerose’s diary

15年間の向精神薬服用生活から断薬しました。

気が早いけど、逃げるときは全力で

もう少しすると、新年度が始まり、新しい生活に入るひとが大勢いるわけだけど、一方で、その新しい生活が地獄の様相を呈してきて、でもここでやめると自分はダメ人間、とか考えて、にっちもさっちもいかなくなるケースなどがあり、実際ニュースでそんなのを見聞きしてしまうと、逃げ方教えないといかんよなあ、とか思う。

 

自分が苦しい時、それに立ち向かう方がいいのか、逃げる方がいいのか、判断に迷うことは真面目な人ほど多いのではあるまいか?

 

私もそういう傾向があって、苦しくてやめてみたものの、あれは現実逃避ではなかったのか?と、精神疾患になる前の若いころはそうやって自分をよく責めていた。今思えば現実逃避だろうと、避難だろうと、結局同じことになるだろうな、と思うので、その点についてはもういい。

 

しかし、断薬してから一時期働いて、辞めたくなった時に、さすがに若いころの葛藤を思い出した。

だって、当時は十何年かぶりの職場で、働いてまだ数か月、ここで辞めるとなんかダメ人間になるのでは、とかやっぱり頭の中を去来する不安があるわけで、そんなときに、若いころには使わなかった、占い、というものに相談した。

f:id:offkey:20170322211813j:plain

画像はイメージですw

 

辞めるまでの1か月ほどに、職場について、なんとか続けていきたいからそのアドバイスを、というような内容で何回か引いていた。そのときの記録を当時やっていたブログに書いていて、その記録を見つけたので読むと、こんなことが書いてあった。

 

あー、職場の人間関係が気になりだした。
いつも自分は毎回なんとなく疎外されてる気分を感じてしまうのだけど、今回もまた現れだした。
まあ、どうこうできるというわけでもないので、カードをひきまくってみると、
メディスンカードではフクロウで、

フクロウは、『見えざるもの』を見る力ゆえに『知恵』の象徴とされる。見る力のない者は『まやかし』に欺かれるが、フクロウには正体が見えている。この能力こそ『知恵』の本質である。
とのこと。


それからドリーンバーチュの一枚引きのところへいくと「状況を正確に見る(ホルス)」のカード。
これ一部抜書きすると

“今のこの状況に対する自分の感情を信用してください。それは正確で根拠のあることだからです。自己不審を手放してください。他の人がどんな意見をしたとしてもです。あなたの霊的な感性は、真実を見る助けとなっています。”


それから観音力カードでは胡蝶の夢
“相応しい場所かどうかを確認しないまま、何処にでも行ってしまうようなところはないでしょうか?”

というメッセージが含まれている。

 

3つのカードが似たような意味なので、うーんと考えてみると、自分はいつも人の意に添おうとするというか、端的にいえば好かれたい、というところがあるんだよな、迎合主義。
おそらくこのパターンもうやめませんか?ていうことなんだろうな。

 しかし、恐ろしい。自分はなんか受け入れられてないなと感じるとたちまちうろたえて仕事が手に付かなくなる。だからこそこれまで気を張って頑張ってきたんだけど、流石に今日はもう心が折れた。
さて、この折れた心、自分はどうするかな?

【追記】
ということで一番気になってる人についてその人から自分はなにをまなぼうとしているのか、という質問をオラクルさんにぶつけてみましたw。
結果は
脱出
あなたの人生はどこかで引っかかっていませんか?
このカードは、今までの不自然な制限から自分自身を解き放つ時がきたと言っています。
ということです。
ここに臆病さが隠されてるんだよなあ。別に他人が悪いということじゃなくて、自分が事なかれ主義。
って、わかってるんだが、堂々巡りだな。

 

最初のフクロウのカードは正体をよく見ろ、ってことなんだけど、当時はわからん。で、オラクルやら観音やらがまるで補完するように自分の感覚を信じろ、とか不自然な、とかそんな言葉が並んでいた。でも、当時はこんなカード引きまくっても、自分臆病でやめたいと思ってる、的解釈をしているのだから、全く固定観念恐るべしだ。

 

そして別の日に

今、向かい合うことをかんがえていたのだけど、逃げるとか避けるとか関わりを持たないようにというような質問でネットでカードを2つひいてみたら、
一枚はメディスンカードでスカンク。そこの解釈では本能に従ったほうがいいこともある。
それからドリーンバーチューのところでは信じる力。天の導きに従え、とある。
て、ことはあながち立ち向かうばかりが能じゃないような気もしてきたな。
自分、すぐなんとかしたいと思うからこじれるのかもしれない。もしかして逃げるが勝ちなのか?

 

 ということを書いていて、ようやく、自分逃げることに焦点を向け始めた、という顛末。

この後辞めてから、自分はさらによい仕事についた、とかそういうのはないので、説得力ないかもしれんがw

でも、この後に資格とりに走って、筆記試験に対するリベンジを遂げてせいせいした。(2006年ころに一度筆記試験ありの就職活動をしたとき、こともあろうに、頭が真っ白になって、解答用紙になにも書けなかったというトラウマがあったのである。当時は服薬中であった。)

そして、一連の仕事に対する自分のやり残し感を払拭し、ようやく自分の身体を優先させて考えることに罪悪感とか覚えなくなったことは大きい。

 

一度しかない人生ならば、幸せだと感じることをやるのが一番いいと思う。

 

何事もあきらめないで取り組むことは大切だけど、自分で変だな、と感じたら、どんな手を使ってでも、それを確認し、だめた、と思ったら全力で逃げる。

変だなと思えないほどまで疲れ切って働けなくなってしまう前に。

 

ほんと、これ、新社会人たちに対して病み上がりの人間が祈っていることです。