読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluerose’s diary

15年間の向精神薬服用生活から断薬しました。

インナーチャイルドの願い

最近、スピリチュアルなことを扱っているところを色々閲覧していて、とある本を見つけた。

ルイーズヘイという人の書いた「鏡のワークブック」という本だ。

 

ルイーズ・ヘイの鏡のワークブック

ルイーズ・ヘイの鏡のワークブック

  • 作者: ルイーズ・ヘイ,宇佐和通
  • 出版社/メーカー: 株式会社JMA・アソシエイツ(ステップワークス事業部)
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 アメリカで有名な自己啓発やスピリチュアルの人々は彼女の出版社ヘイハウスから本を出してるらしい。日本ではどのくらい知名度があるのかわからないが、かなり高名な方らしい。

 

この方が今紹介した本のためのワークショップをオンライン上でやっている、というバナーを見かけて、ためしにそこにあった試し読みを閲覧した。

すると、私は最初のページを読むや否や、思わず感涙してしまったのである。

それで、これはちょっとやってみなくてはなるまい、と感じて本を購入し21日間のプログラムを全うした。

 

この本は私にとって、思いがけない自分の忘れられた記憶を呼び戻した。

 

インナーチャイルドについてのワークがあり、私はこれにかなり抵抗を感じた。実をいうとインナーチャイルドぴんとこなかったのである。しかし、ルイーズさんは大人になるとインナーチャイルドを無視するか見下すようになる、と書いていたので、それならば、と抵抗しつつワークを進めていった。

 

左手で自分の姿を書くワークがあって、それを行ってみた。

f:id:offkey:20170224211324j:plain

 

描き終わって、この自分の顔が

「なんだかマイケルジャクソンに似てないか?」

と思って、それはなぜなんだろうと不思議に思った。

なぜなら、私は特に彼のファンでもないし、かといってアンチでもない。超有名スターだなーという感想しかもってなかったので、左手で書くということの不思議さを感じたのである。

 

そのあと、この絵を見ながら、ワークブックにある質問に自分で書き込んでいくわけだが、この時もマイケルに似ていると思った理由は思いつかなかった。

これが8日目のワークである。

 

描いた姿を本に挟めたまま、着実にページを進めていき、最終日。

この日のワークでは「前のワークで記録していたことを読み返してみましょう」という項目があって、それを行って、8日目にきて、文章を読み、この絵を見たときに、なぜマイケルに似ていると思ったのかようやく理由がわかった。

 

私は、幼いころに容姿コンプレックスを持っていたのである。

大抵の女性は多かれ少なかれそれを持っているだろうけれども、私の場合、子供のころ日焼けしていて、色黒だった。そしてそれがたまらなく嫌でしょうがなかった。しかし、子供のころの私はそれを言語化して自覚できなかったから、なにかしらん、屈折した思いがあって、自分は醜い、という意識がどこかにあったらしい。

 

いや、自分でもびっくりだけど、確かにそうなんだわ。他にもマイケルみたいに見えた理由はあるのだけど、一番大きいのは肌の色に関してである。

 

現在は年をとったせいもあって、あまり肌の色は気にならなくなったが、それ以外の容姿に関しての自分の思い込みとか概念とか信念とか、いっぱい出てきて、それが私の中でかなりな分量になっているようだ。

 

若いころ、私は容姿より自分の中身を気にしていた。どうして自分はこうも性格が好きじゃないんだろう、みたいなこと。

もしかすると、それは子供時代に出来上がった容姿コンプレックスが無意識にあって、それが自分の精神に影響して、そんな風に思ったのかもしれない。

実際、私は長じてから容姿による不都合や嫌な思いはほとんどしていないのである。

あるのはもっぱら自分の性格的なところによるものだった。

 

今、それで美容とかアクセサリーとか少し見ているのだけど、アクセサリーなどは

「こんなに美しいものがあったんだなあ~」となんかすごく新鮮な気持ちで見ている。

そりゃ、多くの女性がプレゼントにねだるのも無理はないなあ、と。

 

そして、スピリチュアル好きに女性が多いのもわかる。

パワーストーンとか美しいお守りとか、美しい文様とか、見ていて飽きない。

少なくとも自分はそう。それに、スピリチュアルで女性が願うことって結局どの分野であれ

「美しくなりたい」

ということだから余計に。

 

美しいものがもっと増えるといいな、なんて思う。たぶん幼いころの自分の願いはこれだったのだろう。

 

f:id:offkey:20170224220614j:plain