bluerose’s diary

15年間の向精神薬服用生活から断薬しました。

ネガティブ要注意記事を書きます。

喘息 脱ステロイド というキーワードで検索して出てきた記事を流し読みしていた。

ほとんどは喘息の話ではなくてアトピー性皮膚炎についての脱ステロイドのことだ。

ここになぜ喘息という言葉が出てくるのかというと。

 

「子供のころ喘息でそれが治ったのだが、大人になってアトピーになりました」

「脱ステ成功してアトピーがきれいになりました。→喘息になりました」

 

というパターンが見られるからなのだ。

アトピーが治ったのはいいけど喘息になった、吸入ステロイド処方された→どうしよう、あるいは吸入ステロイドはそれほど副作用もないというのでこれは使ってます。

という感じで喘息の脱ステしようと思うと心が折れそうな記述が多い。

 

喘息もアトピーも人によってさまざまだから、必ずしもそれが自分に当てはまるとは限らんのだが、どこかで発想の転換が必要なのかもしれない。

自分の気がつかない要因を発見してそれを除いたら劇的によくなった!みたいなことが果たして自分にはあるのかどうか。それとも地道に体質改善を行っていくことで少しなりとも薬を減らしてゆくことができるかどうか。