読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluerose’s diary

15年間の向精神薬服用生活から断薬しました。

わたしの「夢」

今回は、ほぼ幻想とか妄想の域の話になるが、ネット上で文章にしてみることで思考をまとめてみる作業を兼ねて、ここに投稿してみる。 以前、「夢の中の自分とふだんの自分が一致すれば解釈しなくても夢の意味がわかるのだろうか?」という疑問についての記事…

精神分裂病の言語感覚

この間、思ってもみなかった精神病の急性期発作にかなり焦ったが、おかげさまでだいぶ回復してきた。 過去記事:検査づくし この時の発作だが、3年ほど前に経験して断薬のきっかけとなった幻聴を中心とした妄想と身体感覚の異常の続きみたいな顛末だったの…

人生の感覚

先日初心者向けの心理カウンセリング講座があったので聞きに行った。そのあとで講師の方に 「理論はわかるんだけど、どうも技法がわからないのは自分の中に人の心を知るのが怖いという恐れがあるのではないかと思った」 と感想を述べると 「人の心に触れるの…

覚醒時意識と睡眠時意識

夢はしばしばあり得ない情景や普段とは違う自分の在り方が出てきて、解釈するのはなかなか難しいことがある。夢の中の自分といつもの自分が一致すれば解釈などしなくても夢がわかるのだろうか? 長年夢日記をつけてきて、もどかしいと感じていたことはいつも…

自分の変性意識を検証する(文学幻想精神世界より)

以前書いた記事の続き 世界の象徴と妄想幻覚 - bluerose’s diary 昔から、人は苦難や悩みの果てに大きな宗教体験をすることが多かった。これは私が書物を読んで受けた印象である。振り返って、自分の精神病体験もやはりそういうことがいえるかもしれないと、…

妄想を逆手にとる

幻覚や妄想は現実とかけ離れた解釈を提供してくるのでとても受け入れられないことが多い。逆に自分がその解釈に溺れる場合があって、その場合はその妄想に操られて日常生活がおろそかになり、病気とされるのはこのときのことを指す。 精神病患者の自殺の原因…

知識で体験を還元することが解決ではない

理解しがたいイメージが出てきたり、妄想が現れたりした場合、それを理解しようといろんなことを私は考えた。 心理学の知識が少しあったので、精神分析や分析心理学などの分野で解説される「象徴」やらなんやらを当てはめて、このイメージはこんなことが現れ…

直感と妄想

精神科にお世話になってから、ずっと考えていたのは、直感と妄想とどう違うのだろう、ということだった。同じ変性意識の中で知覚するものだが、直感と言われるものは建設的で、受けた者をきちんと導いていくが、妄想は受けた者を混乱へと陥れる。 そういうこ…