bluerose’s diary

精神疾患のこと、その他持病についても少し

変性意識

「フリマどく」を私はどう解釈したか

今朝、一つの夢を見た。 男が真っ暗な部屋でネットをやっていて「フリマどく」と書かれたアイコンをクリックするのだが、クリックしたとたんまずいことをしたのではないかと怖くなって、慌てて飛び出すところ。 夢の中で私はこの男であり、飛び出すや否や私…

危機的状況の前に起こること。

さっき、ぱらぱらと夢日記を見ていたら、去年の忘年会の前日に書いていたことに目が留まった。去年の忘年会の後で体調を崩して、その後また急性期状態のように幻聴や身体感覚がおかしくなった時期。この出来事は半年後の不眠と精神状態の悪さに繋がって、薬…

アールブリュット

新聞でアールブリュット作品を紹介している連載があって、何回か読んでいるが、本日は版画家の娘で知的障がいを持つ女性の作品が紹介されていた。 言葉で説明するとイメージがわかないかもしれないが、一応説明しておくと ステンドグラスやタイル画のような…

今回の不調と夢の話

休止していたが精神活動が少しできるようになったので、今のうちに。 去年末から今年にかけて起こっている今回の精神的な不調だけど、過去のネットの文章を読んでいるうちに、キーポイントとなる文章を見つけた。 facebookに載せてた文章。 その中で簿記検定…

なにが幻聴を変化させているのか

自分は幻聴もちなんだけど、最近あることに気がついた。 例えば、なにか選ぼうとして画面をずっと見ていると、最初はなんでもなかった幻聴がだんだん不穏な言葉に変わっていく。 私の感覚としては、別にイライラしているわけでもないし、まだ決まってないか…

【推定・仮説】喘息の要因になってるもの、私の場合

今朝はずいぶんとイライラしてどうしようもなかった。なんかわからないけど、そういう時は周りもちょっと干渉的になっていて、人のやってることに注意をするものだから、素直に受け取れない状態のわたしは、余計にイライラしていた。 そんなとき、購読してい…

今朝の夢

最近、あまり夢見がよくない。よくない、という意味は、夢の中の感情がつらいものが多いということで、日常生活で吐き出されない感情が夢の中を通じて解放されるとか浄化されている、という感じなのかもしれない。 今朝の夢もまたそんな夢だった。 昔の家と…

幻聴はどのような言葉遣いをするか

耳にラジオを埋め込まれたような機械的な幻聴が始まって、もう3年半になった。最初の1年は非常につらかったし、昨年から今年にかけての小発作みたいな時の幻聴もつらかった。 幻聴がつらいのは、所かまわず声がずっとしていることへのストレスが大きいが、…

夢の意味を知る

最近、オーラソーマについて少し勉強している。といっても、メルマガのバックナンバーをこつこつ読んでいるだけだけど。 そのバックナンバー68号で、エルモリアと呼ばれるボトルについての記事があった。 このボトルについて、創始者のヴィッキーさんはこ…

わたしの「夢」

今回は、ほぼ幻想とか妄想の域の話になるが、ネット上で文章にしてみることで思考をまとめてみる作業を兼ねて、ここに投稿してみる。 以前、「夢の中の自分とふだんの自分が一致すれば解釈しなくても夢の意味がわかるのだろうか?」という疑問についての記事…

精神分裂病の言語感覚

この間、思ってもみなかった精神病の急性期発作にかなり焦ったが、おかげさまでだいぶ回復してきた。 過去記事:検査づくし この時の発作だが、3年ほど前に経験して断薬のきっかけとなった幻聴を中心とした妄想と身体感覚の異常の続きみたいな顛末だったの…

人生の感覚

先日初心者向けの心理カウンセリング講座があったので聞きに行った。そのあとで講師の方に 「理論はわかるんだけど、どうも技法がわからないのは自分の中に人の心を知るのが怖いという恐れがあるのではないかと思った」 と感想を述べると 「人の心に触れるの…

覚醒時意識と睡眠時意識

夢はしばしばあり得ない情景や普段とは違う自分の在り方が出てきて、解釈するのはなかなか難しいことがある。夢の中の自分といつもの自分が一致すれば解釈などしなくても夢がわかるのだろうか? 長年夢日記をつけてきて、もどかしいと感じていたことはいつも…

自分の変性意識を検証する(文学幻想精神世界より)

以前書いた記事の続き 世界の象徴と妄想幻覚 - bluerose’s diary 昔から、人は苦難や悩みの果てに大きな宗教体験をすることが多かった。これは私が書物を読んで受けた印象である。振り返って、自分の精神病体験もやはりそういうことがいえるかもしれないと、…

妄想を逆手にとる

幻覚や妄想は現実とかけ離れた解釈を提供してくるのでとても受け入れられないことが多い。逆に自分がその解釈に溺れる場合があって、その場合はその妄想に操られて日常生活がおろそかになり、病気とされるのはこのときのことを指す。 精神病患者の自殺の原因…

知識で体験を還元することが解決ではない

理解しがたいイメージが出てきたり、妄想が現れたりした場合、それを理解しようといろんなことを私は考えた。 心理学の知識が少しあったので、精神分析や分析心理学などの分野で解説される「象徴」やらなんやらを当てはめて、このイメージはこんなことが現れ…

直感と妄想

精神科にお世話になってから、ずっと考えていたのは、直感と妄想とどう違うのだろう、ということだった。同じ変性意識の中で知覚するものだが、直感と言われるものは建設的で、受けた者をきちんと導いていくが、妄想は受けた者を混乱へと陥れる。 そういうこ…